ウォーターサーバーのレンタル無料には裏がある

ウォーターサーバーのコストに困ってるなら簡単に確実に削減する方法があります。ちょっとの発想の転換だむでウォーターサーバーが今まで以上に自由に使えてコストも下がります。手間もかからずメンテナンスもほぼフリー。長く使えばより安く使えます。

ウォーターサーバーのコストに困ってるなら簡単に確実に削減する方法があります。ちょっとの発想の転換だむでウォーターサーバーが今まで以上に自由に使えてコストも下がります。手間もかからずメンテナンスもほぼフリー。長く使えばより安く使えます。

ウォーターサーバーのコスト削減は簡単

ウォーターサーバーのコストは削減できます。天然水に拘るから高くなって、たった2.3年で解約することになります。ひどい場合は数か月でウォーターサーバーを使うのを止めて、

・解約金が勿体ないから置物化
・飲まない使わないのに最低発注分の費用発生

という、何とも残念な状態になっている人もいます。しかし、これは自業自得です。理由は明白で、天然水ウォーターサーバーについて、

・使用量に比例する従量課金制である
・ボトル1本の料金の安さだけを見ている
・毎月の使用量が見通せず消費予測できない

という事を認識していないからこそ、残念な使い方になってしまうわけです。天然水を飲みたい、ペットボトルの購入や運搬が面倒だ、赤ちゃんのミルク作りに使いたい、妊娠したのできれいな水を使いたい、常備薬を天然水で飲みたいなど、具体的な理由があるにもかかわらず、毎月の費用の見積もりが甘いので想定外の費用に頭を悩ませる人は多いですよ。

ウォーターサーバーのコストを削減する方法は簡単です。天然水ウォーターサーバーから水道水ウォーターサーバーに切り替えるだけです。解約金が発生しない時期が近づいたら、検討の余地ありです。水道直結タイプのウォーターサーバーは、この3機種いずれも定額使い放題です。

水道水ウォーターサーバーのメリットは、

・料金は毎月定額
・重いボトルをセットする作業なし
・ペットボトル持ち帰りの負担無し
・使い放題
・ボトルの返却やゴミ処分の手間いらず

が主なことろです。天然水ウォーターサーバーでは、特に女性から不満の声が大きいのは、ボトルの交換作業です。12リットルを持ち上げるのはかなり辛い作業です。産後間もないママさんに、そんな力仕事はさせられません。水道水ウォーターサーバーなら面倒くさいボトル交換や発注、配達の対応などもありません。しかも本体内で浄水するので、ろ過仕立てのきれいな水が使い放題です。ボトルの残量を気にして、チマチマ使うという残念な状況にはなりません。

気兼ねなく使えて、料金も定額で低額な水道水ウォーターサーバーの中でも人気機種である「楽水ウォーターサーバー」をおすすめします。

楽水ウォーターサーバー 公式サイト

楽水ウォーターサーバーでコスト削減

天然水ウォーターサーバーから水道水ウォーターサーバーへ切り替えて、大きく費用を節約できた事例は実際にあります。直接、メーカー担当者に聞けた話ですが、10か所以上の支店に天然水ウォーターサーバーを置いていた企業では、楽水ウォーターサーバーに交換して、年間で70万円以上のコスト削減に成功したと言います。支店全体ではなく、1支店の平均の年間の節約金額です。これは大きな経費節減です。

恐らく一般家庭でも、年間単位では数万円のコスト削減が出来る可能性があります。実際に、人気のウォーターサーバーを使った場合のコスト試算した表があります。

この結果から、家計がウォーターサーバーの費用で逼迫しているのなら、原因としては人数の多さと水の消費量の増加が比例関係となる料金設定です。つまり天然水ウォーターサーバーは使った分だけ課金される従量課金であることを認識しておくべきです。子どもが遊び感覚でウォーターサーバーを使ったり、夏はカルピスなどを作るので消費量が増加することは目に見えてます。

消費するシーンを想定せずに、無料お試しで気軽に設置してしまうと、いざとなった時は、

・せっかく設置したからすぐに撤去するのは申し訳ない
・無料で使ったから気の毒で断れない

という気持ちになって、ズルズルと本契約する方も実際にいるんです。どれだけ使うかも見積もらずにですよ。そして翌月から引き落としが始まって支払金額を知って目を丸くするので長続きしないわけです。

無料お試しの期間中は、使える期間が限られてますから、意識して使いますよね。物珍しさもあって家族の使用頻度も高いわけです。これで「便利」と思い込んでしまい、前述の心情も重なって本契約に至り、数か月後には後悔というのが典型ですね。

そうならないためにも水道水ウォーターサーバーがベストの選択です。楽水ウォーターサーバーは、年間で支払うコストが可視化できるので後悔することなく契約できます。

今お使いのウォーターサーバーの年間の支払い料金と比較してみてください。かなり安いはずです。しかも使い放題ですから、コスパも格段に違います。

ウォーターサーバーの電気代が気になるなら

ウォーターサーバーの電気代、気になりますね。電化製品ですから電気代が気になるのは当然ですが、相当に電気代の負担が家計に圧し掛かってくるイメージを持って人は多いようです。各ウォーターサーバーメーカーも電気代については、レンタル契約を検討する場合の比較項目として認識しているはずなので、省エネタイプのウォーターサーバーや節電機能を搭載したウォーターサーバーをラインナップに加えています。一部メーカーでは、機種ごとに電気代の目安を表示しています。

ところがウォーターサーバーの電気代は、正直、予測は出来ないと思います。目安の電気代も、メーカーが想定する使用条件ですから、現実的でないケースもあります。電気代の目安を表示しているメーカーを調べて、ウォーターサーバーの電気代の相場を調べてみると、400円台から600円台に集中していました。しかし、どんなに高くても1,000円を超える事は稀であるとも言えそうです。口コミでは電気代が1000円上がったという情報もありますが、チェック方法も明示が無いので、思い込みの可能性は否定できませんでした。

ウォーターサーバーの電気代を、ほぼ正確に測定するには、ワットモニターという検電器が良いでしょう。

ワットモニター(検電器)[TAP-TST8N] 

デメリットは契約後に測定することになるということですね(汗)それでは意味が無いので、ウォーターサーバーと同じような消費電力の家電で推測する方法があります。例えば温水洗浄便座も、そのひとつです。ウォーターサーバー同様に24時間通電しますし、温水を温めるために1日に数度ヒーターで加熱します。しかも節電機能が付いている温水洗浄便座もありますから、検証用の電化製品として丁度よいです。

温水洗浄便座が無ければ、ドライヤーでも、何とか参考数字が出るかもしれません。目安の消費電力は400W前後です。近い消費電力の家電があれば何でもよいので、ワットモニターを購入して1週間でも1ヶ月でも測定してみれば、およそのウォーターサーバーの電気代も予測ができます。頭の中で計算するより余程、再現性がありますよ。

ウォーターサーバーは定額料金体系が最小コスト

ウォーターサーバーのコストは上限がありません。なぜならば、宅配式のウォーターサーバーの料金体系が、水を消費した分だけ費用負担する従量課金制だからです。月に消費する水の量は、ある程度のラインで止まります。しかしそれは家族単位での話です。これが数十人、数百人の利用者が想定される場所にウォーターサーバーが設置されるならば、一体、どれだけの水が消費されるでしょう。12リットルボトルで何本必要でしょう。誰にも分からないから、上限の無い従量課金制のウォーターサーバーはコスト面で不利なんですね。

もちろん夫婦二人だけの世帯なら、水の使用量はメーカー指定の最低発注量である12リットルボトル2本分の24リットルで済むかもしれません。意識的にコストを抑えるために、24リットルしか使わない努力も可能です。ウォーターサーバーってボトルの残量を見ながら使うことで、はたして便利だなと思いますか。そもそもウォーターサーバーをレンタルする動機って、きれいな水を使いたい、水道水を直接使いたくないという割合が多く、赤ちゃんのミルク作りにも大きく貢献する製品です。

水道水を沸かす手間や、ちょっとしたお茶出し作業の効率化、きれいな水が体内に入る事で健康維持にもなるウォーターサーバーをコストを意識しすぎるあまり、ちまちま使うことの意味が見出せませんね。つまりウォーターサーバーをレンタルすると想定よりもコストはかかるのは当たり前と言っていいです。コストは抑えて存分に使いたいなら、定額使い放題の水道直結式ウォーターサーバーしか実現できません。

水道水を更に浄水するので、カルキ臭も無く、蛇口から一緒に出で来る水道管の微細な赤サビなども除去できるので、水道水ウォーターサーバーが見直されています。水の使用量が不透明だからこそ、定額料金が最小コストで維持する秘訣です。ボトルの交換等の雑用も要らないので、維持管理は楽ですし、大人数でも、急な消費量の上昇にも対応できる強みがあります。


ウォーターサーバーのレンタル無料には裏がある © 2018