水道水ウォーターサーバーは年間費用が安い

水道水を入れるウォーターサーバーの年間費用は宅配水ウォーターサーバーと比較して数万円から数十万円単位で変わります。70万円以上も年間費用を節約した会社の事例も。水道水ウォーターサーバーが何故安いのか。品質管理は?月額料金は?全て調査。

水道水を入れるウォーターサーバーの年間費用は宅配水ウォーターサーバーと比較して数万円から数十万円単位で変わります。70万円以上も年間費用を節約した会社の事例も。水道水ウォーターサーバーが何故安いのか。品質管理は?月額料金は?全て調査。

水道水ウォーターサーバーと天然水ウォーターサーバーの費用比較

ウォーターサーバーと言えば天然水やオリジナルの水を飲めることが売りになっています。コンビニやスーパーでペットボトルのミネラルウォーターを都度購入したり、通販サイトで箱買いするような手間も発生しません。ペットボトルの水、1本2本なら大した労力ではありませんが、毎日続いたり、大量買いすると運搬が疲れますよね。空のペットボトルの処分も面倒くさいものです。ゴミ袋も無料ではありませんから、地味にコストがかかっていますよね。1本500ml入りで200円のペットボトルの水を毎日2本飲むとすると、1ヶ月12,000円の費用が発生します。

ウォーターサーバーなら、そこまで高くないケースもありますが、それは人数と消費量によりますね。天然水のウォーターサーバーは従量課金制ですから、消費した分だけ費用が発生します。ここがネックになります。月額料金が定額のウォーターサーバーもあるのですが、水道直結式なので浄水が飲み放題になります。ここに水道水ウォーターサーバーと天然水ウォーターサーバーの費用をシミュレーションして比較してみました。

■コスト比較

※1.金額は全て税込表記
※2.福岡市水道料金より家事用第1段メーター口径25mm以下1m3から20m3時の単価17円/m3つまり1000リットル17円にて試算
(レ)レンタル代、(水)水の購入費用

水道水ウォーターサーバーだと、使う人数を問わず定額ですから、コスパは一番良いです。水道水を直接飲みたくないし、沸かしても抵抗があるという人は、残留塩素などを除去し浄水を作る水道水ウォーターサーバーがおすすめです。冷水と温水と常温水が好きなだけ使えますし、夜間の電力を抑える機能も備わっているので、電気代もセーブできます。

水道水ウォーターサーバーのおすすめは、楽水ウォーターサーバーです。本体内で浄水を作り出すことができるウォーターサーバーです。RO水、大容量とバリエーションも豊富なので、一度、公式サイトをチェックすることをおすすめします。

楽水ウォーターサーバー 

水道水の楽水ウォーターサーバー年間支払い費用

天然水のウォーターサーバーは、ボトルの注文数に応じて費用が発生しますが、水道水の楽水ウォーターサーバーは、定額のレンタル料金で使い放題です。つまり年間を通して費用の見通しが可能なので、家庭用でも業務用でも設置しやすいウォーターサーバーです。

ボトル1本単位で費用を比較するのは、あまり意味を成すことはありません。毎月の消費量が把握できるなら、天然水でも構いませんが、予測不能に違いありません。また、天然水ウォーターサーバーは、多く飲んだ人が得をしてしまうので、割り勘で設置しても不公平感があります。

水道水ウォーターサーバーの中でも、コスパの優れた楽水ウォーターサーバーは、6年先まで費用が算出できます。

レンタルにするか買取するか迷うなら、最初の3年間はレンタルして更新時に、引き続きレンタルするか買取るかを判断すると良いですよ。途中から買取する場合でも、改めて全額支払う必要はなく、問い合わせると見積もりを出してくれますよ。

天然水ウォーターサーバーの問題点

ウォーターサーバーと言えば、配達された重いボトルに入ったお水を、自分でセットするのが常識でしたが、

●水が重くて設置が大変
●配達される時は外出が出来ない
●ボトルに水が入った後はホントにキレイなままなのか心配
●予備の水ボトルが邪魔だ
●思った以上に消費が早くて追加注文などで出費が増えた

というケースもあり解約数も実は増加中。しかも最近は、とんでもない情報が出てしまいました。
宅配水方式のウォーターサーバーは、使用中に細菌が増殖し、水道水の基準を満たさないものが数多くあるという記事が、朝日新聞のウェブサイト他多数のメディアで取り上げられていたことです。

浄水能力で注目されているウォーターサーバー楽水は、水道水を専用カートリッジで不純物などを取り除き浄水を作ることが出来ます。キッチンの水栓などから分岐配管します。水道直結式ウォーターサーバーとも言われています。インターネットからの申込で限定特典が適用できる今がチャンスです。

インターネット限定特典

水道直結ウォーターサーバー 10のメリット

ウォーサーバーには様々なメリットがあります。そもそも温水と冷水が常時スタンバイされていることは、とても便利なことです。お湯を沸かす事に、いつの間にか慣れてしまっていると、そのありがたみがわからないようです。湯を沸かす作業は、日常生活で些細な時間ではありますが、それは時間に余裕があるときに「些細な時間」と感じるわけです。朝食時間にお湯が既にある状況と無い状況では、どれだけの時間の差が生まれるでしょうか。些細な時間でも無い方よい時だってありますよね。

赤ちゃんのミルクを作る時モウォーターサーバーは、些細な時間を短縮してくれて、ママさんにゆとりの時間をもたらしますよ。赤ちゃんのミルクに水道水は直接使いたくないし、沸騰させた湯冷ましでも嫌だ、ポットは電気代が高くなるから嫌だ、とにかく直ぐ作りたいという時のウォーターサーバーの利便性は、レンタルしている人から、必ず聞かれます。アンケート調査でも、ほぼミルクの調乳に関しては絶賛されています。

天然水だと消費が多くなる費用負担も増加しますから、定額料金の水道水ウォーターサーバーがおすすめです。思ったほど月額料金は高くないですよ。毎月固定のサーバーレンタル料金と水道代だけで、10のメリットが得られます。

◎「残留塩素」「トリハロメタン」を除去した浄水を生成
◎冷水・温水・常温水を切り替えて使える
◎常温水は服薬やペットの飲み水としても使えます
◎重たい水の入ったガロンボトルを持ちあげなくて済む
◎空のガロンボトルを処分する負担が無くなる
◎水入りガロンボトルの置き場所を確保する必要がない
◎お水の配達日が無いので自宅待機しなくていい
◎お水の追加注文や配達日調整など煩わしい手続き不要
◎故障、修理など全ては楽水が負担
◎交換時期に専用カートリッジを無料提供

ザッと挙げただけでも、これだけあります。ウォーターサーバー楽水のデザインや大きさ、設置後のイメージなど、この写真でわかるのではないでしょうか。使いまくってますよ(笑)。

ウォーターサーバー 設置事例

何気に、コップを乗せられるのが、隠れたメリットです。ボトルをセットするタイプだと無理なんですよね。

水道水ろ過する浄水ウォーターサーバー

水道直結式のウォーターサーバーは、これから伸びていくタイプのウォーターサーバーです。天然水じゃなくても良いが、水道水は飲みたくないという方、ミネラルウォーターを買っていたけれど、ミネラルウォーターは買い続けると割高になるので、自宅できれいな水が飲めたらOKという人には、水道直結式のウォーターサーバーが最適です。水道水を浄水して残留塩素の嫌なニオイなどを除去してますから、飲み水でも野菜をひたす時も使えますし、炊飯にも使えます。

定額料金で使い放題というのは、水の交換、発注、保管、空ボトル廃棄、配送業者対応、追加発注などの雑用が全て無くなりますから、余計な手間暇も発生しません。特に楽水ウォーターサーバーは、故障率が低いためメンテナンス料金などは、徴収していません。万一故障となった場合は、お住まいの地域の提携工事店が原則無償で行います。浄水のためのカートリッジの交換は自身の手でやることになりますが、蛍光灯の交換より短時間でできます。しかも交換用カートリッジも実費、送料共に無料です。交換時期が近づいたら届くので、交換するだけです。

楽水ウォーターサーバーについては、一般のご家庭だけでなく、人が多い場所、または一人暮らしにも最適なウォーターサーバーです。設置の事例としては、個人事務所、レンタルオフィス、会社の本店と支店、従業員食堂、レストラン等飲食店、リラクゼーションサロン、教育機関、病院、ビジネスホテルロビー、工場休憩所、コワーキングスペース、スポーツジムなどです。低予算で大勢の人数が使っても定額という強みがあるので、人の集まる場所には非常にコスパが良い浄水システム言えます。

従量課金制の天然水ウォーターサーバーから定額制の水道水ウォーターサーバーに切り替えた結果、年間コストが100万円ほど節約することが出来た会社もあります。全国の支店に設置していた天然水ウォーターサーバーを全て、水道水ウォーターサーバーに乗り換えた結果です。ウォーターサーバーの管理担当者も雑用が減ったので嬉しいという声もあったそうです。


水道水ウォーターサーバーは年間費用が安い © 2018