ウォーターサーバーのレンタル無料には裏がある

ウォーターサーバーは一人暮らし用は特に存在していませんが、決して一人暮らしだからと言って不要とは限りません。必要と思うなら設置すべきメリットはたくさんありますし、使い過ぎが気にならない定額制ウォーターサーバーならおすすめです。

ウォーターサーバーは一人暮らし用は特に存在していませんが、決して一人暮らしだからと言って不要とは限りません。必要と思うなら設置すべきメリットはたくさんありますし、使い過ぎが気にならない定額制ウォーターサーバーならおすすめです。

ウォーターサーバーは一人暮らしに役立つ

一人暮らしはいいですよ。親元から離れて暮らすのは自由があります。門限なんて自分で決めればいいですしね。ただし生活の責任は全て自分に降りかかってきますが、そんなことは実家住まいだろうが一人暮らしだろうが、成人すれば誰もが負うものです。

ところが最近は、その責任すら負えない「大人子ども」が多くなってます。実家から離れられない、あるいは実家が一人暮らしを許さないなど、本人や家庭の事情もありますが、自立なしでは生活に限界が来ます。親への依存、子への依存、どちらも有限です。有限の意味わかりますよね。

確かに一人暮らしにもデメリットは無いにしろ、リスクはありますが、リスクの無い世の中や人生はありません。リスクを回避する術を身に付ける事で、事前に察知し対処していくことが出来るのが、本来、大人と言われるんです。しかし誰もそんなこと教えません。教科書詰め込み教育の弊害が年齢だけ成人した人には染みついているので、自分から「見て想像して理解して学ぶ」能力が欠如しているんですよね。

「世の中を渡る教科書」なんて無いですから、一人暮らしは、まさに世の中を知る良いきっかけになります。まず家計の状況を嫌でも認識しなければなりませんから、生活に関するコスト意識が芽生えます。住まいである賃貸物件から不動産についても知ることは出来ます。要は気付くか気付かないかの差なんですね。また関心を持つか持たないか。知識の差や経験の差って根本は関心からスタートします。

ウォーターサーバーに関心を持つ人は、恐らく、ウォーターサーバーで水が飲みたいだけじゃありません。

・料理に使えないか
・食事の準備に便利そうだ
・水筒の用意が楽になりそう
・湯沸かししなくていいな
・不純物の入ってそうな水道水は使いたくないな
・持病の薬をきれいな浄水で飲みたいな
・来客が多いから助かりそうだな
・天然水はボトル交換が面倒だったからノンボトルは無いかな

いろいろな用途やレンタルの借り換えが目的で、関心を持っています。一人暮らしだって、家事は楽したいはず。健康のために浄水を飲みたいはず、朝が忙しいから湯沸かしだって時間が勿体ないと思うはずです。

ちなみにポットややかんでの湯沸かしって、湯垢や水垢の洗浄が必要ですから、そっちの方が面倒ですよ。取れないですしね。

ウォーターサーバーに一人暮らし用はありませんが、使い過ぎを気にしなくてもいい定額制ウォーターサーバーがおすすめです。省スペースでも置ける卓上型がいいですよ。

一人暮らしにウォーターサーバーを置くメリット

一人暮らしにウォーターサーバーは必要ないという意見、相変わらず多いですよね。いろんなメリットがあるのですが、まず、一人暮らしの住宅事情を考えると、ウォーターサーバーを置きたくなります。

一人暮らしの住まいは学生と社会人では多少の違いはありますが、ワンルームが主流です。その他の間取りとしては1K、1DKあたりが相場でしょうか。学生の場合は寮住まいもありますよね。なかなか一軒家で若くして一人暮らしのケースは稀でしょうし、考えられるとしたら、そこそこの築年数の経過した安いアパートやマンション物件に入居してるケースが多いでしょう。

築年数が古いほど、どうしても設備は古くなってます。内装については前の賃借人による現状回復の義務があるので、入居時はきれいですが、水回り設備はどうでしょうか。そこそこ見た目は朽ちてはいないレベルだとしても、肝心の水はどうですかね。低層階アパートなら自治体管理の配水管から建物内に引き込む給水管を経て各部屋の蛇口から水が出ます。

一方、マンションの場合は、一旦屋上の貯水槽(受水槽)と言われるタンクにあげられて、そこから各住戸へ分配されます。タンクは見ればわかります。受水槽なんですが、容量10トンを超える場合は、年に一回以上の水質検査と清掃が義務付けられていますが、それ以下の容量の場合は義務ではないんです。

しかし現実には年に一度の水質検査と清掃について、管理元である管理組合やオーナー不動産会社などによっては、コストがかかるために実行していないケースもあるんです。するとどうなるか。受水槽の中、見るも無残な状況です。最悪なのは水道水の消毒のために含まれている残留塩素の濃度低下による雑菌の繁殖です。衛生的によろしくない水を使う事になるわけです。

マンション物件を借りるとき、受水槽の管理状況まで気にする人はいません。だからメンテナンスを放置していても指摘されないですから、ほったらかしになってる物件は珍しくないです。そこでウォーターサーバーの出番ですよ。浄水する価値はあります。いちいち沸かして殺菌するのも面倒ですから、常に雑菌を除去した浄水を使えることが健康上にも良いのではないでしょうか。一人暮らしだからこそ水に気を遣うべきです。

一人暮らしでウォーターサーバーが必要な人いらない人

ウォーターサーバーは一人暮らしに必要か、いらないか、そんな論争がありますが、一人暮らしをしている人が大学生か社会人かなど、立場や状況次第だと思いますね。まず前提としては費用はどんなに使っても定額で、あまり維持管理に手間暇かからないウォーターサーバーが一人暮らし用に使えます。楽水ウォーターサーバーなら最適ですね。

一人暮らしの間取りはせいぜい1Kから広くても1DKぐらいまでぐらいが相場です。元々からスペースに余裕はありませんし、相対的に女性は荷物が多いことを考慮すると、スタンダードなのっぽのウォーターサーバーよりも、小型の卓上型が丁度よいと思います。省スペースですので一人暮らし用の住宅事情に適したサイズです。水道直結タイプですから、うっかり使い過ぎても定額ですから余計な費用の心配なしです。

社会人なら少々使い過ぎても、まだ、取り返しは付きますが、実家から仕送りしてもらっている大学生、アルバイトに忙しい大学生は経済的に余裕が無いと思いますので、定額のウォーターサーバーがおすすめですね。

維持管理の手間暇は水道直結ウォーターサーバーなら、特にメンテナンスも必要としないので、一人暮らし用に合ってます。天然水ウォーターサーバーや市販のペットボトルに詰められたミネラルウォーターを給水するタイプは面倒な仕事が多いですので、一人暮らし用には向きません。具体的には水の発注と在庫の管理、保管場所の確保、ボトル交換に配送業者の対応などです。たまにしかやらない作業だからこそ、面倒ですから、いっそのこと無しにするとストレスも溜まりません。

一人暮らしの女性の元に、配送業者が定期的に訪れるのは、今の時代はリスクでしかないですよ。個人情報もどう扱われるかわかりません。全ての配送業者がズレたことをするとは言わないですが、可能性はゼロではないということです。水道直結ウォーターサーバーにしておけば、問題を起こす可能性すら抑えられるのでレンタル料金以上の価値はあります。
 

ウォーターサーバーは一人暮らしにおすすめ

結論から言えば、ウォーターサーバーは必要かどうかではなく、便利かどうかを考えるべき。一人暮らしにウォーターサーバーは必要かどうかは、全く意味の無い議論です。一人暮らしでもシングルベッドじゃない人もいますよ。一人暮らしのウォーターサーバーは生活家電のひとつとすると、家事の省力化やガス代の節約に繋がったりするわけです。

一人分のお湯を沸かすって非効率なんですけど、違和感なくやってる人いますよね。いつでもお湯が出せるようにスタンバイしておくだけで、コーヒー、紅茶、スープ、カップラーメン、お茶漬けなど、サッと朝食・昼食・ティータイムの準備が出来ます。一人暮らし用のキッチンを見たことがある人はわかると思いますが、調理スペースもなければコンロも1口ですから、鍋やフライパンをコンロに乗せてしまったら、お湯が必要な時に準備できません。

ポットがあるじゃないかと言う人もいますが、ポットの洗浄をしたことが無い人が言うセリフの定番です。ポットの中、見たことは無いのでしょうか。水垢やカルシウムが付着して、全然取れません。きれいやお湯が出来るわけがないです。しかもポットは消費電力が高いのが定番。節電機能も付いてないポットは使い物にならないですよ。電気代だってポットの占める割合は大きいです。単純計算で年間10,000円ぐらいかかってますよ。消費電力と稼働時間から、すぐに割り出せます。

ポットの沸騰温度設定を80度ぐらいに低くすれば節電になるじゃないかとも言われますが、80度のお湯でインスタントラーメンを作ったことはありますか。きっと物足りないと思います。またわざわざ再沸騰するのも電気を消費します。

たかがウォーターサーバーですが、冷水、温水、常温水、しかもそれぞれ浄水されて残留塩素が抜かれてるものです。既にカルキ抜きされた水を常時飲めることって、どれだけ健康にも影響を与えるかという事です。しかも水道水ウォーターサーバーなら定額ですから、友人が来ても「使い過ぎる」心配もありません。

とにかく一人暮らしは些細な家事作業でも省きたくなりますので、天然水じゃない水道水式のウォーターサーバー、楽水ウォーターサーバーのような卓上タイプが便利なんです。


ウォーターサーバーのレンタル無料には裏がある © 2018